経済状況と賃貸

持家にあこがれがおありでしょうか。マイホームという言葉に心躍るでしょうか。

人は家族を持ったとき、家族が増えたとき、家について考えます。そのときに大きく分かれるのが、持家か賃貸か。

持家と選択するのは、家を資産として考えるからでしょう。しかし、家というのは人生で一番大きな買い物かもしれません。それだけ高いものですから、何十年ものローンを組んで払っていきます。さらには、固定資産税などの税金やマンションであるならば修繕費などもかかってきます。

一方で、賃貸はローンの支払と同じくらいの月額を支払い続けるとは言え、その範疇にとどまります。修繕費などは基本的に共益費などの形ですでに払っているので、ほとんどを家主が負担してくれることでしょう。

しかし、資産として残るものはありません。持家と賃貸、どちらが得なのか。ローンの金利や地価、経済状況にも大きく左右されるので、じっくり計算してみる必要がありそうです。

部屋の中に全く何もない賃貸を借りると、自分で必要な家具を買ってきて引越し業者などに搬入してもらう必要があります。しかし、家具付きの賃貸であれば、必要になりそうな家具は一通り揃っているので、家具を買う必要もなければ、引越し業者に頼んで運んでもらう必要もありません。

長い間引越しする予定がなく、ずっと同じ所に暮らそうと考えているのであれば、家具にもこだわりたいという意見もあるかもしれません。しかし、出張などで短い間の利用であれば、家具付きの物件の方が利便性はいいケースも考えられます。

必要に応じて家具付きの物件に入居する事で、節約したり、手間を省いたりできそうですね。

自分の足でも賃貸マンションまで行ってみる

万が一住みたいと思った賃貸マンションが見つかったのであれば不動産屋さんと中を見に行くだけではなく、その後に自分でも外から見てみましょう。この時に大事なのが最寄り駅から自分の足で歩いていくということです。

車で回っていってもらったのと自分の足で家まで向かうのは全く雰囲気が変わってくることがあります。また歩くことによって最寄り駅と自分の家の賃貸マンションの間に一体なにがあるのかを把握することができます。

コンビニやスーパーが周りにあるのか、ポストなどが道中あるか、夜になった時に一通りはどうか…住んでみるとこういったことが大切になってきたりするのです。

賃貸マンションの掃除はしっかり掃除しよう

賃貸マンションの掃除ですが、当然自分の部屋はしっかり掃除をするようにしましょう。なぜ掃除が大切なのかというと部屋を出ていく際に必ず大家さんが立ち合いをします。その際にあまりにも部屋が汚いようですと、その分のクリーニング代を取られてしまう可能性があるためです。

特にたばこを吸う人はこまめに掃除をしないとすぐに家の中が黄ばんでしまいます。また賃貸マンションの玄関外もフロア全てを掃除しなくてもいいですが、自分の部屋の目の前くらいは掃除をしておいてもいいのではないでしょうか?

マンションのベランダも雨で流されているような気がしていますが思っている以上に汚れているものです。ただし水を一気に流して下の人の迷惑にならないようにしてください。

別荘として使用される賃貸物件

賃貸物件にはさまざまな種類がありますが、使用する方法もさまざまで、なかには別荘として利用する人も多いようです。よほどに好きな土地で年に何回も訪れているような場所であれば、旅館よりも自分のスペースを作り、お気に入りのものを置いた方が、リフレッシュするなどの効果もあるようです。

田舎であれば、旅館の二泊程度の金額で家賃が支払えるような可能性もありあすので、検討する余地もあるでしょう。物件によっては休みの間は大家さんが、管理してくれるなどのメリットもありますので、そのような部分も含めて考えてみると良いでしょう。

賃貸マンションについての関連ページ