経済状況と賃貸

持家にあこがれがおありでしょうか。マイホームという言葉に心躍るでしょうか。

人は家族を持ったとき、家族が増えたとき、家について考えます。そのときに大きく分かれるのが、持家か賃貸か。

持家と選択するのは、家を資産として考えるからでしょう。しかし、家というのは人生で一番大きな買い物かもしれません。それだけ高いものですから、何十年ものローンを組んで払っていきます。さらには、固定資産税などの税金やマンションであるならば修繕費などもかかってきます。

一方で、賃貸はローンの支払と同じくらいの月額を支払い続けるとは言え、その範疇にとどまります。修繕費などは基本的に共益費などの形ですでに払っているので、ほとんどを家主が負担してくれることでしょう。

しかし、資産として残るものはありません。持家と賃貸、どちらが得なのか。ローンの金利や地価、経済状況にも大きく左右されるので、じっくり計算してみる必要がありそうです。

部屋の中に全く何もない賃貸を借りると、自分で必要な家具を買ってきて引越し業者などに搬入してもらう必要があります。しかし、家具付きの賃貸であれば、必要になりそうな家具は一通り揃っているので、家具を買う必要もなければ、引越し業者に頼んで運んでもらう必要もありません。

長い間引越しする予定がなく、ずっと同じ所に暮らそうと考えているのであれば、家具にもこだわりたいという意見もあるかもしれません。しかし、出張などで短い間の利用であれば、家具付きの物件の方が利便性はいいケースも考えられます。

必要に応じて家具付きの物件に入居する事で、節約したり、手間を省いたりできそうですね。