弁護士

個人の身近な事を相談したいという時など、ちょっとした事であれば司法書士に法律の相談を持ちかける事もできます。

しかし、法律に関する業務であっても司法書士にはできない仕事というのもあります。

その場合には弁護士でないといけない事もあります。相談を持ちかけたい時にはどの法律家に話をすべきか、という事をよく考えて決定したいですね。

お金に関する事で相談したいのであれば、特に注意が必要になり、司法書士ではできない事もあります。

また、裁判となった場合も、司法書士では法廷に立つ事ができない場合もあります。

司法書士と弁護士は同じ法律家として同じ仕事を行っている事もありますが、異なる部分もあるという事を忘れない様にしましょう。