交通事故

弁護士に仲介を依頼しない交通事故
自分たちだけで話をして済ます事ができる程度の、小さな交通事故であれば慰謝料ではなく示談にする事ができます。

慰謝料が発生し弁護士が欠かせないほど怪我をするなど、大きな交通事故となれば弁護士は欠かせない場合もあります。

一般的に交通事故が発生した場合には、警察や救急車を先に呼んで、その後で弁護士を付ける事が多いと思います。しかし、中には弁護士に依頼するかどうか悩むほど中程度の交通事故もあると思います。その場合には、被害者自身の意向を重視して、自分で決めるといいでしょう。

いろんな事を総合的に判断して、今回の交通事故においては特に弁護士が必要ないだろう、と決断するのもいいかと思います。